スマホやパソコンのやりすぎがお肌に悪い影響!

 

紫外線が肌に悪い 😎 というのは、事実ですが。最近では、パソコンやスマホのブルーライトも肌に悪いがあるそうです…..。

【ブルーライト】とは?
紫外線に次ぐエネルギー量
可視光線(電磁波のうち、人の目に見える波長のもの。いわゆる光)のなかでも、紫外線に次ぐ強いエネルギーを持つ波長の短い青色の光のこと。

bl7[1]

角膜や水晶体で吸収されずに、網膜まで到達するほどのエネルギーを持っているため、目の疲れや痛みといった直接的なダメージを与えます

ブルーライトは、パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイほか、LED照明にも含まれています。

パソコンやスマートフォンは、誰もが使う必需品となっていので、浴びる量や浴びる時間も増えて、紫外線よりも防ぐことが難しいかも。

yjimage[5]

ブルーライトが多いのは、スマートフォンがダントツ。続いて、ゲーム機、パソコン、液晶テレビだそうです。

ブルーライトが肌に与える悪影響とは?

ブルーライトがシミやしわの原因に….
日焼けやシミの原因となる紫外線B波よりも肌の奥に入り込み、色素沈着を引き起こすので「第3の紫外線」とも呼ばれています。

★ブルーライトを長時間浴びると、肌細胞が変色し、1時間で色素沈着を引き起こすという研究結果が出ているそうです!!!

そして、ブルーライトで作られたシミは、UVBで作られたシミよりも頑固で肌に残りやすいとのこと(-_-;)。

紫外線なら、傘や帽子などで日光に当たらないようにすることもできますが、ブルーライトは今の世の中、身の回りにあふれています。しかも、太陽と違い昼も夜を問わず24時間注がれているので、防ぐのはかなり困難 😯

yjimage[10]

活性酸素にも影響が・・・
ブルーライトはシミだけでなく、活性酸素の生成の原因にもなると言われています。

ブルーライトは真皮より奥の深部にまで届くため、活性酸素の中でも最も細胞を破壊する「一重項酸素」の産生を促すこともわかっているようです。

一重項酸素は、コラーゲンやエラスチンを破壊するだけでなく、コラーゲンの量そのものも減少させてしまいます。

さらに、ブルーライトの影響で目が疲れると良い睡眠がとれなくなり、肌のツヤにも影響を及ぼします。目を酷使することで脳がストレスを感じ、副腎皮質刺激ホルモンを生成。これが、肌にくすみの原因となってしまうのです。長時間目を酷使していると、目の周りの筋肉も固くなり、シワができやすくなってしまいます。

gatag-00011710[1]

『この頃、肌のシワが気になる・・・』という人は、ブルーライトの影響を受けているかも!?

スマホのやりすぎには要注意です!!

Miyoshi