まぶたが上がりにくい…眼が十分に開きにくい状態!    ではありませんか?

眼瞼下垂はまぶたが重い。開きにくい。という症状です。

原因は、まぶたを上げる筋肉とそな筋肉をを動かす神経の異常でおこります。

加齢によって徐々に起こる場合が多いです。なので、年をとって眼が細くなった⤵というのも眼瞼下垂症の症状です。

下垂がひどくなってくると、まぶたが邪魔になりものを見るときアゴを上げて見るようになってしまいます。更にまぶたをより上げようとするため、眉が上がったりおでこにシワがよったりします。

まぶたがたるむと老けて見えるだけではなく、頭痛や肩凝り、シワの原因にもなります!

眼瞼下垂症と診断を受け手術しました(^-^)/

 

手術直後

       ↓

DSC_0219

DSC_0219

 

翌日が一番腫れます。

抗生物質と痛み止めが処方されます。

3日目からは、徐々に腫れも色も落ち着いてきます。

痛みはほとんどありませんでした❗

抜糸は、術後5~7日

 

1週間後

↓抜糸も終わりました。

DSC_0246

DSC_0246

 

1カ月後

DSC_0272

DSC_0272

黒目にかぶってたまぶたもかなりスッキリしてきました。

目を開けるときも、おでこに力が入らず楽になりました!

毎日、洗顔とマスク

保湿をしっかりし、炎症を抑えるライト(アイクリア)をあてることにより、術後の治りはちがいます。

まぶたが重い!  開きずらい!   お気軽にご相談下さい❗

東京美容外科クリニック院長 形成外科医 小浦場 祥夫