13-520

皮膚レーザー治療する前に、まずはじっくり診察、ご相談を

シミには、先天性で出来るシミと後天性に出来るシミがあります

美容クリニックや美容皮膚科でシミ治療といっても、シミにも、原因によって様々な種類があるので、一人一人に合わせた治療をしていかないとなかなか改善されなかったり、悪化してしまうこともあります

シミができる原因

札幌シミ肝斑治療

まず肌の色を決めるメラニン色素というのは元々もっているメラニンの量によって、肌が白い、黒いというのが決まってきます 💡

このメラニンをつくる工場メラノサイトというところ(皮膚表皮の一番下の層)でメラニンが作られますが、

(正常に作られないと(白子症)紫外線から細胞のダメージを受けやすく皮膚がんになりやすくなってしまいます)

この工場で作られたメラニンは皮膚表面に向かって代謝され、垢となって剥がれ落ちていきます

この代謝がうまくいかないとメラニンが蓄積され、しみ、そばかす、色素沈着となってしまいます 😥

施術前

このシミ、30代から4~50代3人に一人の割合で多いのが肝斑といわれるシミ 💡

肝臓の表面の文様に似ているため、こう呼ばれるのですが、肝臓疾患が原因というわけではなく、女性ホルモンのバランスなどが原因でできやすくなります

またこの肝斑ができる部位も限られているのも特徴の一つです

顔面が多く、額、ほほ、口のまわり(鼻下)などで、ほほの場合、左右対称に広がっていることが多いです 🙁 

色は、薄く出る場合、濃く出る場合と様々で、形は不定形ですが、境界がはっきりしています

妊娠やピルの服用、女性ホルモンがくずれることでできやすく、妊娠時や閉経時に多くできやすいです

ホルモンのバランスが戻れば、消えることもありますが、お肌の代謝が落ちていればそのままシミが残ることもあり、

また、ストレスなども神経を刺激し、シミができやすくなることもあります 🙁

老人性色素斑やそばかす(雀卵斑)と違い、

レーザー治療をするとかえって悪化させてしまうことになるので

治療には、内服によるトラネキサム酸(メラノサイトを活性させない働き)、ビタミンCの処方、

また紫外線もシミを悪化させる原因ですので、刺激になることなどは避け、日焼け止めの使用や美白剤の外用、ストレス発散や休養も必要です 😳

この肝斑も、老人性色素斑やほかのシミと混ざって、出来てしまっている場合もあるので、

一度ドクターによる診察をお勧めします 💡

当クリニックは保険診療になりますので、ご負担も少なく済みますし、気になるシミ、上記の症状にお心当たりがある方、

シミのでき方も人それぞれ違いますし、ライフスタイルによっても一人ひとり治療の仕方もご提案いたしておりますので

まずはお問合せ、ご相談、ご来院をお待ちしております!

本田