30代→40代のアンチエイジングケア

 

年齢を重ねるたび、お顔やお肌の悩みが増えます((+_+))

004055_li[1]

顔のしみやシワ、たるみ、ほうれい線など肌の悩みは人様々。お肌の曲がり角も、25歳ではなく最近では20歳から老化が始まる! と言われています。お化粧品だけではやっぱりどうにも出来ない素肌の悩みは、お手軽に注射で解消できるヒアルロン酸注入から半永久的な効果が期待できるフェイスリフトなどの、東京美容外科クリニックでの施術をおすすめ!!

☆ヒアルロン酸注入

yjimage[5]

注射1本でしわやたるみを改善したいかたには!

ヒアルロン酸は人の肌の奥の組織にもともと存在している成分で、肌のハリと弾力を保つ働きをしています。しかし、20歳を過ぎるころから徐々に減少します。ヒアルロン酸注入は天然のヒアルロン酸を注射で補うことができる、手軽なアンチエイジング術として人気です。もともと人の肌が持っている成分のためアレルギーの心配も少なく、メスを使わない若返り術として人気メニュー♪です。メイクもすぐにOKなので、デートや外出の前でも施術可能。

☆美容針・COGリフト・フェイスリフト

20160228-170409.jpg

メスを使わずにたるみを解消☆

加齢と共にフェイスラインのたるみ、首のたるみ、口元のたるみやしわを解消するには、メスを使わない美容針やCOGリフトなどの手軽な若返り術があります♪

半永久的に確実な若返りがご希望であればフェイスリフトがおススメです。

美肌・しみ

肌の悩みに代表されるしみ。くすみ、ソバカス、開いた毛穴やニキビ跡など、30~50代の人気の施術。しみ治療には、医療用レーザを照射します。

img_34_01[1]

二重・目

冷たい印象や寂しい印象を与える小さな目。一重まぶたど。目は顔の第一印象を左右する重要な部位です。美容外科でも手術の希望が多い部位です。目の手術には、切らずに糸で留める埋没法やメスを使う切開法があります。

☆埋没法による二重まぶた

手軽に切らずに二重にしたい方に   埋没法はメスを使わずに手軽にでき、二重術として人気の施術。まぶたの裏側から細い糸で縫いとめて固定させます4。切開しないので術後の腫れも少ない。局部麻酔をしますので施術中の痛みはありません。

☆切開法による二重まぶた

メスを使った二重術で、くっきりはっきりとした二重ができます。まぶたを切開し、永久にとれない二重として人気!局部麻酔をしますので施術中の痛みはほとんどありません。傷跡はほとんど目立ちません。

☆目頭切開

切れ長のパッチリした大きな目にしたい方に    東洋人に多い蒙古ヒダを切開し、パッチリした大きな目に。小さな目の方や、目と目の間が広く離れて見えるかたにおすすめ!華やかな印象の目もとになります。

脂肪吸引 脱毛 豊胸手術は、札幌の美容整形外科 東京美容外科クリニック

お気軽にご相談ください。

東京美容外科クリニック  Miyoshi