美容外科・形成外科の札幌 東京美容外科クリニック

ホクロ・できもの・肝斑・シミ

  • HOME »
  • ホクロ・できもの・肝斑・シミ

tit_hokuro

ホクロ・できもの・シミ

ホクロは良性の皮膚のできものです。ホクロ以外にも皮膚の出来物には多くの種類があり、老人性イボ(脂漏性角化症)や粉瘤などが代表的なものです。
「シミ」と思われるものでも、他の皮膚のできものの早期症状のことがあります。
心配な場合は、まず受診してみてください。
皮膚・皮下腫瘍は健康保険で治療できます。
シミの中でもっとも多いのは老人性色素斑で、紫外線が原因で顔や腕など肌の露出部に加齢と共に生じてくる褐色の変化です。シミ専用のレーザー治療が有効です。

■肝斑

肝斑は女性の顔に生じるシミのひとつで、妊娠、経口避妊薬などにより誘発、あるいは悪化します。女性ホルモンが関連して発症するといわれています。
紫外線で悪化することもあります。
薄い褐色で、ほほ骨に沿って左右対称に面で広がるのが特徴です。
レーザー治療で悪化します。
治療はトラネキサム酸の内服が有効で、健康保険で治療できます。
シミなどへの外用薬として、「肌の美白剤」といわれるハイドロキノンを用意しています。

料金

2cmまで¥12,000(税別)
1cm毎に¥8,000(税別)
1cm未満¥5,000(税別)

お電話ご予約の上、ご来院ください。 TEL 011-231-1877 診療時間/10:30~18:00 (平日のみ)
※土曜診療は行う場合もございます

PAGETOP
Copyright © 札幌 東京美容外科クリニック All Rights Reserved.